一つ一つのお花が出来上がる度にワクワクしました

なんて可愛いんだろうと衝撃を受けました

パピエル®認定講師さん誕生しました

愛知県豊田市のLu lu unさん

おめでとうございます♡

 

 

自分時間がたっぷりある

年末に通信講座をスタートして

年始に終了

 

 

長いお休みだから

パパがお子さんのことを見ていてくれる

そんな自分時間に

認定講座を受講されました。

ものつくりに集中できる時間は

普段の生活をわすれ

時がたつのを忘れちゃうくらい

楽しい時間ですね♡

ご感想をいただいています

 

 

パピエルを習おうと思ったきっかけ

 

花が好き、紙が好き、アクセサリー作りやハンドメイドが好き。

そんな私がある日、いつもの手芸品店にいくと、

ワークショップの案内に聞いたことのない手芸の名前が。

それが「パピエル」との最初の出会いでした。

ショーケースに並んだパピエルを初めてみたとき、

なんて可愛いんだろうと衝撃を受けました。

子供が小さいので、ワークショップにはなかなか行けないなぁと諦めましたが、

ショーケースを見るたびに、

やってみたなぁと気持ちが変わらず残っていることに自分で気付いていました。

そんな時、Instagramで新保先生と運命的な出会いを果たします。

新保先生の作品を目にし、「これ!私がやってみたかった手芸だ!」とすぐに気付きました。

そして、そこで初めて素材が「紙」であることを知り、衝撃を受けました!

元々、ハンドメイドで切り絵や、

ペーパーフラワー、アクセサリー作りをしていた私にとって、

素材が紙であることはとても馴染み深いものだったのです。

子供も来年度から幼稚園に通う予定で、

新保先生に出会ったのも調度年末だったともあり、

自分の為に新しいことを始めるには、とても良いタイミングでした。

家族のこともあり迷いもありましたが、

打ち込める何かがあることは自分自身はもちろん、

その姿を見る子供にも決して悪いことではないなぁと思い、始める決意をしました。

小さな子供がいるので、通信でできることも、大きな魅力でした。

パピエルを習ってみた感想

 

憧れのパピエルを作ることが、楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。

年末年始のお休みで、時間にも少しゆとりがありましたので、その間にじっくり認定課題に取り組むことができました。

細かな作業が続きますが、一つ一つのお花が出来上がる度にワクワクし、それが一つの作品として完成するととても嬉しく思いました。

わからないことや、不安な点はメールですぐに相談。一つ一つ、不安点をクリアしながら進むことができ、安心しました。

 

 

すごくね

デザインを考えるアイデアが豊富なかたなんです

 

これから

どんなパピエル®作品を

作っていかれるか

楽しみです

 

1月10日からは講座の値上げをします

 

<講座詳細はこちら>

受講生の声はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です